Colorful Sawablog

Family life/Inputs & Outputs

【泣ける映画?!】食べて、祈って、恋をして

ひーちゃんと公園に行き、女子らしい動きに見習おうと感じた日ですw 

 

 

f:id:Sawa0:20210610000545j:plain





今日は、昔ばなしをしたいと思います。

 

 

 

 2010年に公開された食べて、祈って、恋をしてという映画を見に行きました。

 

 

当時、24歳でした。

その日限りで生きていたサワは、このままではいけないけど、どうしたらいいか分からない…。とモヤモヤしていました。 

 

 なぜかものすごく気になったジュニア・ロバーツの映画は、初めて1人で映画館へ行くきっかけを作ってくれたのでしょう。

 

 

席を取り、ポップコーンを買い、ワクワクしながら待っていました。

 

 

 

 

どのような内容かと言うと…。

 

二 ューヨークで活躍するジャーナリストの主人公は、離婚や失恋を経験し、35歳で人生をリセットするために1年間の旅に出る。
イタリアで食に魅せられ、インドで瞑想にふけり、最後に訪れたインドネシア・バリ島では運命的な恋に落ちたりと自分さがしを題材とした映画です。

(ノンフィクションの小説から映画になりました)

 

 

 

 

主人公が異国で、さまざまな価値観や人に触れながら成長する姿に心打たれるのと同時に自分と重ねていました。

 

主人公の葛藤、人に愛される喜び、何かを信じると救われる気持ち、ステキな景色、人の暖かさなどがグッと詰まっています。

 

私自身、やりたいことをやってきたと思っていましたが、ただただ流されてきた人生だと改めて感じた映画です。

 

 

当時、なにがしたいのだろう…。と悩んでいた私には、とても響きボロボロ泣いてしまいました(多分、泣く映画ではないですw)

 

人前で泣くのがとても嫌いなので、1人で行ってよかったと思ったのと同時に、クヨクヨ悩んでいても始まらない!行動あるのみ!と前向きになれたのを覚えています。

 

 

わたしの考え方を変えてくれた映画の一つです。

 

 

 

 

この映画には、名言がたくさん出てくるのでご紹介します。

 

・神頼みする前に行動をしよう

 

時に人生はひとりでいるのにはつらくて、そして時に人生はひとりでいるには幸福すぎる。

 

・壊すことで新しい自分がうまれる

 

 ・毎日着る服を選ぶように自分の考えを選ぶ。それこそがあなたが鍛錬できる力

 

・過去のことは思い出すたびに感謝し、手放そう

 

・傷ついてこころは何か努力をした証拠 

 

 

 

KISS of LIFE

KISS of LIFE

  • アーティスト:平井堅
  • Def Star Records
Amazon

 

とても心を動かされた映画なのですが、なぜか平井堅の「KISS OF LIFE」が頭の中で流れていました…。

 

♪ ことばの刃に、まけないように、いま心に麻酔をかける

感じない日々を補うための映画なら泣けるのに~

 

いま人生かえるKISSがしたい~

 

と…w

全く関係ないのに頭の中でリピートされていましたね~( ´∀` )

たぶん、この歌詞に映画の感想がすべて詰まっていたのでしょう♪

 

 

映画レビューでは30代以降の女性にオススメという声も多くありました。

 

改めて生き方を考えさせられ、心が暖かくなるお話でしたよ!

 

悩んでいる方は、前向きになれて、気分もすっきりするかもしれないのでオススメです!